〒299-0117 千葉県市原市青葉台3-11-14 駐車場10台

肩の痛み

肩こり・四十肩・五十肩などの痛み

同じ肩の痛みでも、その原因は様々です

  • 腕の角度によって痛みが違う
  • 寝返りを打つときに痛い
  • 腕の可動域が狭くなった
  • 服を着たり脱いだりするのがつらい
  • 首から肩あたりの痛み

同じ肩の痛みを抱えていても、その原因はさまざまです。
一般に言われる四十肩や五十肩の場合もあれば、肩こりの可能性もあります。
大切なことは、なぜ痛いのか、その原因を特定して上手に向き合っていくことです。

肩の痛みの原因として考えられること

肩の痛み

現代では、多くの方が長時間同じ姿勢で仕事をすることが要求されています。
とくにデスクワークで一日中パソコンと向き合っているなど、同じ姿勢が原因となって痛みが生じることがあります。
また年齢と共に筋肉が衰えてしまい、腱板を傷つけることが原因となる場合もあります。

そのほかにも体型によって肩の痛みを発症しやすい場合があり、なで肩の方は要注意です。体質に目を向けると、冷え症の方は血行不良によって肩の痛みを経験しやすくなります。 また関節リウマチなど全身に症状が出るものが原因になることもあります。
最近では毎日のストレスによって慢性的な肩の痛みを経験する方もいらっしゃいます。

肩に痛みが出る理由

私たちの肩はさまざまな動きに対応できるように、とても柔軟な、裏を返せば複雑な造りをしています。
いろいろな動かし方ができる反面、関節が不安定になっています。
そのため、少しの負荷で外れてしまったり問題を抱えることがあります。

長い時間同じ作業をしたり、デスクワークで一日を過ごしたりすると、関節や筋肉が炎症を起こして、その結果、肩の痛みが出てくる可能性があります。
またこのような痛みは、肩だけにとどまらず、腕や手先のしびれにまで至ることがあります。

肩の痛み・その種類|市原市青葉台やまだ整骨院

四十肩・五十肩

正式には肩関節周囲炎といいます。四十肩・五十肩と言われるように、年齢と共に引き起こされる病気とされています。
年齢を重ねていくと、肩関節や靭帯に変化が起きて炎症や痛みの起きることがあります。その症状として、最初に激しい痛みやしびれなどを経験し、何もしていないときにも痛みを感じます。
強い痛み自体は時間の経過と共に和らいでも、腕や肩を動かすことが困難になって毎日の生活に影響が出るほどになります。
加齢が主な原因として考えられており、40代以降に発症することが多いのですが、その他にも種々の障害が関係しているとも言われています。

頸肩腕症候群(肩こり)

「頸肩腕症候群」と言います。簡単に言えば、肩の筋肉痛ということです。
普通の方でも肩こりを経験することがありますが、頸肩腕症候群の場合は痛みを伴うほどの肩こりです。
その原因としては、やはり長時間同じ姿勢で作業をしていること、車の運転の姿勢、机に向かったパソコン作業などが関係しています。
その名前からもわかるように、ある一点の痛みというより、肩から腕、首にかけての痛みを特徴としています。

市原市やまだ整骨院の「肩の痛み」施術

肩の施術

肩の痛みを訴えてやまだ整骨院に来られる患者様には「肩が上がらない」「特定の方向に上げると痛い」という方が多いです。原因として一番多いのは、肩を動かすための筋肉や筋の損傷です。

急性期(初期)は、あまりに無理な手技はしません。
首の痛みの施術と同じように、干渉波や超音波を使ったり、アイシングをします。
それ以後が首の施術とは異なり、肩の場合は急性期を過ぎたら可動域の回復をはかっていく必要があります。そのため、温めながらの運動療法に入っていきます。
まず、肩甲骨周辺の筋肉の柔らかさを最大限に引き出せるようにします。その後、実際に痛めてしまっている腱や筋の修復に合わせて、運動の強度を上げていきます。
このバランスが非常に肝心だと思っています。

避けていただきたいのは「自己流の運動」です。
特に冬場は体が冷えていますので、安静時からのいきなりの運動は絶対に避けてください。
「痛い」と感じているときに歯を食いしばってするような運動は絶対にやめてください。良い事はひとつもありません。

専門機関で指導を受けながら運動をすることが一番の近道です。

このようなお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度、市原市やまだ整骨院にお越しいただければと思います。

肩の痛みを取るために

急性期のあとの運動療法を行っていく中でも、やはりどうしても順調に回復されない患者様も中にはいらっしゃいます。
理学療法に通ってもらうほかに、鍼治療を組み込んで治療の速度を上げていく場合もあります。もちろん鍼治療を無理にお勧めすることもありませんし、鍼治療が苦手!という方もわりと多くいらっしゃいますので、そのような場合には行いませんので、ご安心ください。

子供の脱臼・肘内障(ちゅうないしょう)

お子様とつないでいる手を引っ張ったら、腕が抜けてしまった!?
よくあるお子様の「肘内障(ちゅうないしょう)」です。
子供の肘のじん帯は未熟で、何かの拍子に外れてしまうことは少なくありません。
このような肘内障や肩の脱臼、親御さんもお子さんも大慌てしてしまうかと思います。
ですが、そんなときも慌てずに市原市青葉区やまだ整骨院にご連絡下さい。
休日や夜間の急患は、院長携帯090-9301-5272にお電話ください。

症例:肩の痛み|市原市青葉台やまだ整骨院

市原市青葉台 50代 女性 「四十肩・五十肩」
女性

寝ているときの痛み(夜間痛)がひどく、何とかしてほしいということで来られました。
肩が上がらず、家事が思うように出来ない、着替えもつらいという状態でした。

まず、干渉波や超音波、アイシングで強い緊張を取ることから始めました。
痛みが和らいできたところで、運動療法を組み込んでいきました。

1ヶ月ほどで改善しました。

お客様の声

今月のニュース(マッサージ)

IMG_20160901_0001 IMG_20160901_0002

市原市姉崎 I様 (ご家族) 成長痛・スポーツ障害・肩の痛み

voice007K・I

すごく声がかけやすいので親しみやすいので、すごく安心できます。
マンガをもっと増やしてください。

C・I

私も弟もスタッフさんに親切にしていただき、居心地がよくて
長時間いすわってしまいそうになります。
確実に治療をしてくださるのでいいとこ三昧です。

K・I

いつもドアを開けると明るく皆さんに挨拶して頂くと
ホッとした気持ちになります。
今回初めてHPを拝見しましたが、知らないことがいっぱいありました。
できればもう少し優しく明るいイメージで全体を統一すると
より見やすくなると思います。

K・T 77歳 青葉台 「肩の痛み」

voice003いつもお世話になって居ります。
お伺いするのが週に数回、いつもスタッフの方々が
テキパキと対応して下さり、本当に感謝して居ります。
患者さんとスタッフの笑い声を聞きながら
ベッドで治療を受けることも有ります。
本当にリラックスできる時間をいただいて居ります。
楽しい気分で治療ができることは最高です。
(余りひどいケガをした事がないからかな・・・。)

やまだ整骨院 山田太一より

明るく笑いの絶えない接骨院でありたいと考えております。
エネルギーをあげたいと思いながら、患者さまから
元気を頂く事ばかりです。

やまだ整骨院は「市原市青葉台の救急箱」です

  • やまだ整骨院が愛される理由
  • その1
  • その2
  • その3
  • その4
  • その5

お問合せ・ご予約はこちら

やまだ整骨院。0436-63-0015.はやし鍼灸マッサージセンター、デトックスサロンリマ。千葉市市原市青葉台3-11-14。駐車場10台